近年話題のシングルサインオンとは?利用のメリットを紹介

近年話題のシングルサインオンとは?利用のメリットを紹介

現代社会に求められるシングルサインオン

仕事中の男性

ossの一つシングルサインオンとは何かというと、シングルサインオン上のシステムに一度だけパスワードを入力すれば、複数のアプリケーションなどにログインできるシステムのことです。
またシングルサインオンは、SSOとも呼ばれ、SingleSignOnの略語となっています。
シングルサインオンのメリットは二つあります。

・複数のパスワードを覚えなくてもよい
シングルサインオン用のパスワード等を設定するだけで、そのシステムと連携しているアプリケーションなどにログインする際、設定したパスワードを入力すればログインする事が可能となります。つまり少なくとも1、2個程度のパスワードを管理するだけで良いことになります。

・システム上でも効率化を図れる
複数のパスワードだとどれか1つを忘れる可能性が高くなります。もし忘れてしまうと、パスワードの再発行などの手続きをしなければなりません、またログイン回数も多くなるため不効率です。
しかし、シングルサインオンだと管理するパスワードが非常に少なくなるので、利用者の負担が低減し、時間の効率化を図れるでしょう。

・デメリットについて
シングルサインオンは全てのシステムと連携しているのではないので、導入可能か確かめておく必要があります。
シングルサインオンのパスワード等が漏洩してしまうと、連携しているシステムに不正ログインされる恐れがあるため、認証でのセキュリティ強化をしておくなどの対策を講じると良いでしょう。

シングルサインオンを活用してパスワードやID管理の負担を減らそう

現在多くの会社で活用されているネット上のサービスですが、一つのサービスだけでなく、複数のサービスを利用している会社が殆どではないでしょうか。それぞれのサービスでは、異なるパスワードやIDを利用するのが良いのですが、管理を簡単にしたいために同じパスワードやIDを使いまわしてしまう例もある様です。それはとても危険な事です。パスワードやIDの漏洩により、個人情報が悪用される心配があります。しかし会社の信用を高める為には、煩雑でもサービスごとにパスワードやIDを設定するのが良いでしょう。もしもそれが負担になり、業務が滞りがちという場合には、シングルサインオン(SSO)という認証管理がおすすめです。シングルサインオンは、利用する人には負担がなく認証管理を行えるもので、シングルサインオンのシステムを導入する際は、シングルサインオンを専門に扱う専門会社に相談するのがおすすめです。様々な専門会社からシングルサインオン製品が開発されています。いくつかの製品を試してみるのが良いでしょう。デモンストレーションを出来る専門会社なら、実際の使い心地を試せます。実際に使う業務や人にあった製品を導入する為にも、ぜひデモンストレーションを活用しましょう。

IDとパスワードはシングルサインオンで一元管理

現在、個人でもパソコンを持つことが当たり前の社会になりましたが、企業では特にオンライン化が進み、業務で利用されるクラウドサービスやWebサービスは年々増えています。そこで大変なのは、IDとパスワードも同じだけ増えるということです。よくありがちなのが、忘れるからといって同じパスワードを使い回したり、パソコンにメモを貼り付けていたり、覚えやすいように単純なワードを使用したり、安全性を保つはずのものが、かえって危険を招く状態になっていることがあります。その問題を解決するべく今注目されているのが、シングルサインオンです。英語表記のSingleSignOnの頭文字を取って、SSOとも呼ばれています。シングルサインオンを簡単に説明すると、ひとつのIDとパスワードを入力するだけで複数のサービスにログインできるシステムということになります。このシステムの利点は、全てのサービスに対して一度の認証で済むという点です。本来、それぞれのサービスごとに必要だったIDとパスワードがひとつだけになり、管理が楽になることで結果として漏えいを防ぐことにも繋がります。更にシンプルな仕組みになることで、システム管理の手間が省けるのです。シングルサインオンには様々な種類が出てきています。まずは現在利用しているクラウドサービスに対応しているかチェックし、各企業の目的に合ったものを選ぶことが大切です。

Post List